ZfanBBS 『 105号室 ウッドラフさんの部屋 』

我楽多の部屋 ヒロりんさんの部屋 Keiさんの部屋 にくちゃんの部屋 ラビット・リンさんの部屋 癒しさんの部屋 まほろばさん

◆ このページには、書き込みできません。 感想・ご意見はHOMEのZfanBBSに書き込んでください。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

夏越し中
2013/07/13
さて、夏に大変なのが宿根タイプの夏越し。
バックヤード・・そんなオサレな場所ではない裏の鉢置き場所

プルモナリア2種とアンドロサケ・サルメントサ・リンプヒティ。
今この状態です。
プルモナリアは金木犀の木の下で適当に陽も射して風通しよい場所。
全くの日陰では腐ってくる可能性があるので太陽にもあたる場所においてます。
アンドロサケはここ数年花見てないけどとりあえず越してます。
来期咲く為にどうすりゃいいのかと悩み中。

夏です
2013/07/13
春のネタ満載なはずの時期にアップせずに
ネタの少ない夏にアップ・・・チャレンジャー過ぎる(ーー;)
い、いや!めげずにいってみようっ!!!

夏の花といえばこれですね〜ペチュニア。
年々品種も増え小ぶりでこんもりと繁るのがたくさん出ています。
苗で購入していい感じで今咲いているのが
Lalanステラ・パープルとピンク
花が咲きあがって茎が伸びききる前に少しピンチしておいたので
脇芽からまた花芽があがってきていい感じです。
ピンクの方はピンチしたあと、やっと繁ってきたところです。

今年最初か・・
2013/02/23
なんと、ここにはまだ来てなかった。
今年最初、何書こうか。

ただいま成長中といえばトロパ。
お芋スタートで十数本芽の出た分の現在の姿はこう⇒画像左。
支柱には絡めるところがないので茎の間を縫うように誘引しています。
それでも1週間経つと上へ伸びて何本も束になって絡むので
解いて慎重に下やあいてるとこへと誘引してます。

あと今年のマイブームというか購入苗ではプリムラ・ジュリアン
変わり咲きの品種がずいぶん増えましたね〜

大荒れの日
2012/12/09
昨日今日と大阪もかなりの冷え込み。
しかも風が強く皇帝ダリアが倒れそうでヒヤヒヤ。
そりゃ〜〜うねりましたとも。
う〜んこの冷え込みで花が終わるのが先か
それとも風で倒れるのが先か・・・な予感です。

さて冷え込んでても外に出たら出た気になるもので
強風で鉢は乾くのでとりあえず昼間に水やりのために出たら
そのまま結局2時間出っ放し。
この寒さでもビオラはポツポツ開花してます。

画像左 ROKAさんのモコ系みそらすみれNo5 これもまた顔が違う
画像右 ROKAさんのBlackMixNo5 小ぶりな丸顔系だけど中心の黄色い色がよく入ってる

自分ちのビオラ
2012/12/02
自家採取のビオラもありますがやっと一つ目が開花。
我が家のビオラはみもとさんのビオラからの採取種と
以前からの交雑苗からのものなので、咲けば解るといった具合。

自分ちの開花No1はこの顔
多分みもとさんの『紅色ぴょんぴょん』の採取種からと思うが
オリジナルに比べるとほんとに微妙だけど若干花が大きい気もする。
これは姉んちにお嫁入り予定。

ROKAさんのビオラ(もひとついってみよ!)
2012/12/02
ROKAさんのビオラ、ゆきみ大福Mix。
最初名前を見た時にどんな花か想像がついた(笑)
アイボリーホワイト系で丸顔だな・・・
花の顔と名前がぴったり来るものっていいね〜
ナイスネーミング♪

で現在3つ苗が出来てるうちの1つ目開花

画像 No1、色も花の形も確かに名前の通りだった。
   ・・・と思ったら、咲き始めは確かに白に近いアイボリーホワイトだったのだけど  
   開花後1週間経った現在、見えにくいと思いますが上花弁が薄紫がかってきた。
   さらに1週間後はこの色がどう変化していくのか?
   上花弁の色だけが濃くなっていくのか、また全体に色変わりしていくのか?

ROKAさんのビオラ(みそらすみれその2)
2012/12/02
ROKAさんのビオラ、モコ系みそらすみれの続き。

画像左 No3はNo2の顔と似ているが上花弁がNo2と比べて色がやや赤みがかる。

画像右 No4、これは色の入り具合が濃い紫。

ROKAさんのビオラ(まだ続く)
2012/12/02
ROKAさんのビオラ、ここからはヒさんが種を分けてくださったもの。
モコ系みそらすみれ。基本は繊細な株で花も小ぶりで薄紫色の品のいい花という印象
現在4つ開花でどれも顔が違い色幅あり。

画像右 No1は上花弁に脈の入った美しい色

画像右 No2は上花弁がやや大きい印象で薄めの紫色

ROKAさんのビオラ(まだまだ)
2012/12/02
ROKAさんのビオラ、今度はMix
現在3つ開花

画像左 No2は美しい紫色で顔の部分のブロッチの周りが白抜けいている。

画像右 No3本日開花。可愛い丸顔の小さめの黄色。

ROKAさんのビオラ
2012/12/02
ROKAさんのビオラが少しずつですが開花し始めています。
BlackMixは現在4つ開花
最初に開花したものから番号をつけるとするなら

画像左 No2はNo1に良く似ているがあえて違いは?といえば
    両側に開いた花弁が少し上向き

画像中 No3はNo1、2に比べて大きめの花で色も濃い。

画像右 No4はNo1〜3と比べて丸顔で、咲き始めた現在は
    中心がやや白抜けている感じ。 

衝動買い
2012/12/02
昨日全く別の用事で買い物(といっても地元)に出た際、
目に飛び込んでしまい衝動買い。
少し前に別の園芸店で見たときにはあまり株の状態も良くなかったので
その時は買わなかったのに、これは株の締まりもいい状態。
いい値段だなあ〜〜でも買いだな〜〜買いだね〜〜〜ふう・・・買う。
こんな具合で3株購入したイタリアンパンジー・ピエゲ。
キャンティー系だと思うこの絞りの入り具合に惹かれました。
もちろん購入の目的は豪華に咲かせるだけではない。
種採りたいですよね〜これ。

トロパエオルム栽培記〜その2〜
2012/12/01
さて、発芽その後、これから冬の管理は
主に誘引と水遣り管理です。
(鉢の置き場は我が家の場合軒下で明るい場所が定位置)
水遣りの基本は乾いたらやる、程度。
あと週一〜二で倍率薄めにした液肥入りのお水をやります。

お芋からのものは成長具合が旺盛で
とにかく上に伸びてるものそっとはずして支柱の下の方で巻き直す。
今の時期上まで伸び切ってしまうと、下の方へ誘引しても
すぐに茎が上へ向いて昇ろうとする。
画像左は1個のお芋から豪勢に芽の出た例のトロパ。
上へ昇っていたのを横絡めるよう巻き直しました。

一方ハート型支柱に絡めているのは
こちらは種からスタートのHookerianumの紫色
支柱に目一杯這わすために4〜6本ほど定植しましたが
まだこんな感じ。
これも上へ昇って真っ直ぐいくのをそっとはずして
横に這うように誘引しなおしてます。

ピンチ
2012/11/21
『キャー!大変ーー!!どうしようーーー!!!』
のピンチではなくて芽の先を摘む方です。

この時期ポット上げした株も大きくなってきてもう定植したよ〜
なんて方も居られるでしょうが、我が家の苗はのんびり生長。
隣家が迫っているので庭に太陽が当たりにくくなってきたのもあり
徒長しやすくなってきた。
なので脇芽がでてるのか確認して芽の先をピンチします。
今年春、ZふぁんのBBSで見せて頂いたレゴウシアを今年は種まき。
あんなふうにブルーの花がたくさん咲いて欲しいから
芽の先を止めて脇芽を増やしてます。
画像はちょっと前の画像ですが現在はもう少し脇芽も成長しています。
これ以外だとスイトピーもピンチしましたね〜

あと意図的ではないけれど芋ナスタの伸びた芽を
支柱に巻き直す時に先が萎えてしまったらこれも萎えた場所を
はさみでチョンと切ってしまいます。
これも脇芽が出やすいんですね〜萎えたままおく方が
その枝全体にとってよくないように思えます。

ROKAさんのビオラ
2012/11/11
昨年はビオラの種まき時期が遅くて散々だったが
今年は9月9日に種まき開始して今のところいい感じで成長しているのではないかな?
8月蒔きしたいけど以前うまくいかなかった事もあり、9月早めに蒔くことにした。

ところでROKAさんのビオラは昨年は申し込まなかったのですが、
今年ヒさんが声かけてくださり手配してくださって種をいただけました。
ありがとお〜〜ヒさん。
んで、今年はROKAさんのビオラも同じように種まき開始。
これも今のところ順調(あくまで私基準での話。)
ROKAさんから送られてきたビオラの種はMIX種とBlackMixの2種類。
どんなのが咲くのかお楽しみのMix種。
ROKAさんの種は冷蔵庫保存していれば3〜4年は発芽が見込めるので
全ては蒔かずに冷蔵庫保存もしておく。
そして、株は小さいけれどMixからまず1番花が咲き(画像左)
昨日BlackMixも1番花が咲いた(画像中)
おまけは栽培の状態を(画像右)
もちろんポット上げしているのもありますが、
このようにトレーに地植えのような状態のいい点は
水はけよく通気がいいので水分過多になりにくいだけでなく、
お互いが成長しようと根が張りやすく株も間伸びしにくい
ただ掘り上げる時に根を切ってしまいやすいのが難点です。

3年ぶり
2012/11/11
ここ数年皇帝ダリアの花を我が家で見れなかった。
いつものように定植していたのだけれど
芽が出て早々ナメにやられたり、少し伸びたところで折れてしまって
そのまま成長悪くなるなどいいとこなしだった。

今年はもう株掘り上げて栽培やめようかと思ったけど
やはりあの見事な花を見たいと、今年芽が出る前に株の周りを掘って
元肥と同時にオルトランも大量投与
芽だしを確認したとたんに芽の周りにさらにオルトランをぐるりと撒いておくなど
ナメクジ&害虫対策をやったところ無事成長。
芽だしから60センチくらいまでは茎が細くて、こりゃ駄目かもなんて思ってたら
夏になった途端に茎がごつくなって節間も短くいい大きさになってきた。

秋になりぐんぐん伸びだして、今まで栽培した中で一番の背の高さに。
もう支柱が出来ないほどの高さになってしまい(4mは完璧超えてる)
強風が吹くたびヒヤヒヤものだけれど、このままいけば今年は3年ぶりに
皇帝ダリアの花が見れると思います。

前ページTOPページ次ページHOMEページ

- Topics Board - Skin by Web Studio Ciel